催眠術のかけ方+催眠術がかかりやすい人を見極める

まず催眠術とは、かける側の技術も必要ですが、なによりかける相手が暗示にかかりやすいタイプかどうかを見極めるのが重要になってきます。
人によって非常に暗示にかかりやすい人と全くかからない人がいるのです。
そのため、まず被験性テスト、フィンガースティックなどの方法を使って相手の様子を観察することで、催眠術がかかりやすいタイプか判断する必要があります。
また、同時に相手に自分が催眠術にかかったかもと思わせることも重要です。
次に相手を自分の思うとおりに動かすためには、相手との信頼関係が大切になります。
心理学においては、これをラポールと表現したりしますが、催眠術をかけるには、相手との関係性におけるラポールが大変重要になります。
催眠術をかける相手が、あなたのことを催眠術師と思っていない場合とあなたを有名な催眠術師と信じている場合では、後者の方が圧倒的に催眠術をかけることができます。
そのため、友人や家族に催眠術を覚えたから試しにかけさせてほしいなどと頼んだ場合、よほどの暗示にかかりやすいタイプの人か、全面的にあなたを信頼している相手以外はほぼ催眠術にはかかりません。
よって催眠術にかける相手は、あなたをほとんど知らない人の方がかけやすいということになります。
次により催眠術をかかりやすい状態にするために催眠術をかける相手の理性的な意識を取り除いて、トランス状態にしておく必要があります。相手の意識が冷静で常識的な思考状態のままだと催眠術をかけるには、非常に妨げになります。
最後に催眠術をかける効果的な暗示を相手にあたえれば、相手を意のままに誘導していくことができるのです。簡単な催眠術では、相手にやって欲しいことを直接語りかけるだけで相手を催眠術にかけることができます。

エロ催眠動画集-催眠術でオーガズムに導きイカせる手順

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *